新規登録フォーム

現在オンライン中のメンバー

不倫愛人のすすめ

不倫にハマるのは20代がメイン

20代の社会に出たばかりの女性が上司や取引先の人と不倫関係になるのはよくある話です。同世代の男性では幼く見えてしまうので、年上の男性、特に既婚者の持つ落ち着いた雰囲気に憧れてしまうのです。
そして近年見られる男性の精神的な低年齢化が不倫傾向に拍車をかけています。同世代の未婚男性よりも年上の既婚者は人生経験が豊富で、女性を口説くときにあまりがっつくような事をしませんし、実際に付き合っても落ち着いた関係が築きやすい事が背景にあるようです。
また、パパコンプレックスを持つ女性が多いことも一つの要因になっているようです。

不倫パートナーの魅力

女性側からみた不倫パートナーを作ることの魅力は上で挙げた落ち着いた付き合いというだけではありません。近年の不景気の煽りをうけ、同世代の男性はあまりお金を持っていません。しかし年上の男性は既にある程度の地位についており、それに比例した収入を得ています。そのため自分一人や、同世代の男性とは行くことのできないデートや旅行が出来るのも魅力の一つです。金銭的な余裕はそのまま精神的な余裕に繋がるので、さらに不倫にハマってしまうのかもしれません。
男性側のメリットとしては、相手の女性が予めこちらが既婚者だと分かった上で付き合っているので、気軽に恋愛やSEXが楽しめるということです。そして不倫関係では女性側に憧れのような気持ちがあるので、男性が主導権を握りやすくなるのも魅力の一つです。

不倫パートナーの注意事項

不倫関係において最も注意しなければいけないのが距離感です。お互いにハマりすぎて離婚などと言うことになると泥沼しか待っていません。そして離婚して不倫相手と再婚しようとすると関係が上手くいかないことがよくあります。そもそも相手の女性が恋愛感情を持つに至った要因の一つには、男性が既婚者で人のものだからだということが挙げられます。だから男性が離婚していざ自分だけのものになると覚めてしまうんです。さらに不倫相手と結婚ということになると、今までお互いに見えなかった、見せなかった部分を晒すことになるので、お互いに幻滅してしまうのです。
だからお互いにハマり過ぎないというのが不倫をする上での最低限のマナーだと言えます。もし相手がのめり込み過ぎて周りが見えなくなっていると感じたら、速やかに関係を解消するのがベストでしょう。
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ